自己破産はデメリットよりメリットのほうが多い

自己破産はデメリットよりメリットのほうが多い

多重債務になる場合のキッカケは、最近では気軽に誰も利用しているキャッシングです。軽い気持ちで、借入ができるので利用がしやすくまた返済もコンビ二からできます。こうして、初めのころは誰もがすぐに返済ができるように借入の金額も低くなります。

 

 

しかし、何回かキャッシングなどをしていると借入に対して感覚がマヒすることがあります。それで、つい必要以上に借入をしてしまうこともあります。

 

 

多重債務に、陥るきキッカケは本当に軽い気持ちから始まることは多くあります。借金の借入が、増加していくと返済のためにまた他社から借入をすることで多重債務になります。最近では、借金の総額が200万円を超えると返済は困難になるとされています。

 

 

そうした、借金に悩む人が相談するのが債権整理です。この場合、資産などの持ち家がないときには自己破産を進められます。自己破産は、裁判所に破産者として認可され借金の返済を無効にしてもらいます。

 

 

この手続きには、専門の弁護士などが依頼することで代行してくれます。

 

 

自己破産の大きなメリット

自己破産を、申請すると裁判所から呼び出しがある際に一緒に同行してもらい裁判官からの質問にも代理で答えもらえます。このように、全ての債権が自己破産をすることで返済をする必要がなくなるというメリットが大きくあります。

 

 

取り立てもなくなり、借金がない生活に戻ることができ、リセットができるのがメリットです。会社や家族にも、わからないようにすることもメリットとしてあります。自己破産をしても社会的な立場は、ほとんど制約を受けることはありません。

 

 

また、メリットに対してのデメリットは少しあります。まず、デメリットの一番大きいのがクレジットカードを持つことが5年くらいはできません。自分の信用情報に、事故扱いと記載されるからです。ただ、この記載される期間が最近では、5年程度とされています。

 

 

もう一つデメリットとしてあるのが、分割払いでの買い物ができないことです。ローンも組むことは、やはり5年くらいは無理になります。この分割払いができずに困ることは、今では誰もが使用して生活の一部になっているスマートフォンです。

 

 

スマートフォンの機種変更などのときは、分割払いができず一括払いのみになります。デメリットは、このようにローン関係が主になります。自己破産は、デメリットよりもメリットのほうが高いことがわかります。

 

 

返済がなくなると言うことは、また昔のような生活に戻ることができます。

 

 

関連記事: