自己破産の方法と生活保護について

自己破産の方法と生活保護について

クレジットカードやキャッシングの多額の借金を抱えてしまい、にっちもさっちもいかない状況になったら、どうすればいいのでしょうか。
今まさにこうした状況に追い詰められている人もいると思いますが、そうした人の中にはどうしたらいいか対処法が分からず、一人で思い悩んでる人もいるかもしれません。

 

 

そこで今回は、クレジットカードやキャッシングによって多重債務者となった場合、どのような対処策があるのか、またどんなことに注意しなければならないのかについてお伝えします。

 

 

債務整理と自己破産

 

まず、多重債務者になったときの一つの対処策としては、債務整理を行うことです。
債権整理にはいくつかの種類がありますが、その筆頭といえるのは自己破産です。

 

 

自己破産とは、全てを帳消しにすること、つまり自分が抱えた借金を全てゼロにできる法的手続きのことです。
自己破産をすれば借金が帳消しになるので、それ以降は一銭も借金を払わないですむようになります。

 

 

法律の世界にはこうした究極の解決策もあるわけですが、意外に知られておらず、まったく相談しない人が多いのが現実です。

 

 

自己破産でも生活保護は受けられる

 

さて、多重債務者になっても自己破産すれば借金をチャラにできるのは間違いありませんが、問題がないわけでもありません。
例えば、自己破産すると一定期間は生活が制限されます。

 

 

具体的には、数年間は信用情報機関に名前が記載され、その間はクレジットカードの発行ができないなど金融サービス面で制限を受けることになります。
また官報に記載されるので、それを見られて人に知られてしまう可能性があります。

 

 

さらに、債務整理を行うと一定の財産が没収されますが、それによって生活を最低限のレベルに切り詰めなければならなくなります。

 

 

ここにおいて生活保護を受けることもできますが、生活保護を受けるためにはいくつかの条件をクリアしなければなりませんし、受けられてもたくさん需給できるわけではありませんし、生活保護需給者になると車を持つことができなくなります。

 

 

自己破産にはメリットもありますが、こうしたデメリットもあることを覚えておくといいでしょう。

 

自己破産はデメリットよりメリットのほうが多い

 

 

ただし、どうしようもないほど追い詰められたら、そのときは全てをご破算にしたほうがよいので、そこまで追い詰められたら迷わずに自己破産する道を選んでください。

 

 

そして事態を解決するときは一人で思い悩まずに、債権整理に詳しいプロの弁護士に相談するようにしてください。
そうすれば必ず有効な解決策を提示してくれるはずです。