ヤミ金には返済義務がありません!弁護士への相談を!

ヤミ金には返済義務がありません!弁護士への相談を!

ヤミ金には返済義務がないので、借金を放置しても本来は問題ありません。契約する際には正式な書面を交わしていないはずです。書面を交わしている場合は、金利設定を確認してみましょう。年率20.0%を超えたいたら法定金利を超えています。

 

 

ヤミ金の場合、法定金利をはるかに超えた利率で融資しているため、正式な書面を交わすことはしないのです。それゆえ取引は無効となり、返済義務はないわけです。

 

しかし、実際にはそんなに簡単にヤミ金問題は解決しません。相手は悪徳業者であり、暴力団が運営していることが多いのです。返済義務がないと言っても、納得するはずがありません。

 

 

消費者金融のキャッシングやクレジットカードの取り立てとは比較にならないほど厳しい取り立てが続くこととなります。恫喝のような取り立てが連日続き、コツコツと返済をしても借金が減りません。借金を減らすためには利息も含めて完済する必要がありますが、利息を完済させないように仕向けてくる業者は多いものです。

 

 

いずれにしても、ヤミ金から借りてしまった場合、自分で解決するのは無理だと考えていいでしょう。速やかに弁護士に相談をして、返済しなくてもいい方向に導いてもらいましょう。

 

 

弁護士への相談で闇金業者は引き下がる

 

弁護士が介入をすれば、ヤミ金業者はあっさりと引き下がることが多いです。相手が厄介だと感じると、すんなり身を引くのがヤミ金業者なのです。弁護士と争うために時間を費やすくらいなら、別の債務者に対して取り立てをしたほうが効率的だからです。

 

 

面倒で時間のかかる相手に対しては、深追いしないのが普通です。何より現在は融資額が少なくなっているため、もし借金が返済されなくても業者はさほど困りません。数百万円の融資が普通だった時代は、業者も必死になって取り立ててきましたし、専門家に相談をしても解決に時間がかかりました。

 

 

しかし現在は数万円程度の融資が多く、10万円を超えるケースは少なくなっています。金額が少ないこともあり、専門家や警察が介入したとわかると、あっさり身を引くことが多いのです。

 

 

ヤミ金問題に関しては、債務整理をしなくても解決することが可能です。ヤミ金側としても悪徳行為を働いているのは自覚しているため、債権整理のために法律家を立ててくることはありません。債務者はヤミ金に1円も返済する必要はありません。

 

 

元金だけは返還を求めてくる業者も多いですが、元金と利息のいずれも返済する必要はないのです。正式な取引でないのですから、返済義務がないのは当然のことです。