借金を繰り返す人の特徴とは?

借金を繰り返す人の特徴とは?

破産宣告は7年経過しなければ、手続き自体が受け付けられません。反対にいえば7年経過すれば、2回目の破産申し立てが可能となるのです。

 

 

7年で3回目、4回目も可能です。複数回破産できる可能性としては大いにあります。それなりに難易度は上がってゆきますので、1度目に自分で手続き関係を全て行った人であっても、2回目以降ともなれば弁護士を代理人とするのが、一番スムーズに事が進みます。

 

 

破産できるか免責が受けられるのかといったことは、裁判官の裁量の範囲もありますので、2回目3回目などは心象が良くありません。破産ができても免責決定が下りないといった事態もかなりの割合で起こり得ます。

 

 

自己破産をそれに伴う免責は、借金地獄に陥ってしまった人に対しての救済です。失敗してしまった人を救済することによって、まっとうな生活を営み、日本国民としての義務を果たせるようになればという意味もあっての処置です。

 

 

人間は間違いを起こすものだということは、「法」の成り立ちとして「法」も知っていることです。一度目はかなり寛容に救済を行います。しかし2回目3回目と繰り返す人に対しては、それがありえないことではないことは十分承知ですので救済の手を差し伸べこそすれ、簡単に救済を与えるわけにはいかないといったことになってくるものです。

 

 

一般的に自己破産の後はクレジットカードやキャッシングの契約ができにくいものですが、キャッシングに関しては特に破産を行った人に臨機応変な対応を行う貸金業者もあります。そのため破産後も借金を繰り返し、その挙句に債権整理を行わなくてはならなくなる人も少なくありません。

 

 

破産と免責で解決した人は借金を繰り返す

 

借金を繰り返す人の特徴としては、ギャンブルや浪費によって借金問題を抱えるにいたったというものもありますが、一度目の債権整理を破産と免責によって解決した人に多く見られる傾向といった特徴もあります。

 

 

破産にはそれに伴うデメリットもありますので、他の債権整理の方法によっては救済されない場合に選択されるべきものです。免責決定が下りれば、ほとんどの債権についての返済責任から免れることになります。画期的に借金問題から解放されてしまい、「反省」という面で少々問題が生じることも少なくありません。

 

 

再び借金を繰り返す人になりかねないのです。全ての人ではありませんが、この傾向が破産と免責で解決した人の大きな特徴であることは言えるでしょう。

 

 

自分のためにも簡単に自己破産の選択することなく、任意整理などによって完済できる可能性が残されているのであれば、弁護士に借金相談の上、その方法を選択することがおすすめでもあります。それでもなお解決の糸口が見いだせない時に、破産の手続きを選ぶのが順当です。