利息が高すぎ!借金を効果的に減らす方法は弁護士に相談を!

利息が高すぎ・・・借金を効果的に減らす方法

借金問題を抱えている方は実は本当にたくさんいらっしゃいます。
そしてその方たちが口を揃えて言うのがこんなことです。

 

 

「利息ばかりを払っていて、なかなか借金を減らすことができない」

 

 

日本では、利息は20%以内に抑えてお金を貸し付けなければならないという法律があります。

 

 

20%程度の利息だったらたいしたことがないだろう、例えば1万円借りたら2000円多く返せばいいだけでしょ?そう思う方もいらっしゃることでしょう。

 

 

でも、そう単純な話ではないのです。

 

 

元利均等返済方式とは?

 

それは、貸金業者が採用している返済方法に理由があります。

 

 

例えば元利均等返済方式を採用しているケースでは、月々の返済は低く抑えつつ一定額にすることが可能なのですが、月々の返済額に占める元本の割合が少なくなってしまうため、借金そのものの返済スピードが鈍くなってしまいます。

 

 

利息ばっかり払っていて、なかなか借金が減らないと感じてしまうのにはこのような理由があるわけですね。

 

 

そして、なかなか借金を減らすことができながために生活そのものに余裕がなくなってしまう方が多いのです。
例えば突発的な支出が必要になれば、生活そのものに余裕がありませんので、また新たにキャッシングなどで借金をしてしまうことになります。

 

 

また、クレジットカードの支払いが生活を圧迫しているようなケースでは、リボ払いを選択してしまう方も少なくないでしょう。

 

 

実は、クレジットカードのリボ払いというのは、かなり高利であることが多いです。
つまり、毎月の返済額は一定に抑えることができますが、そこには高い利息が組み込まれてしまうのです。

 

 

そして、生活に余裕がない場合にはさらにクレジットカードに頼る生活になってしまい、気づいたら返済残高がとんでもないことになっていた、なんてことになるのです。

 

 

借金が返済できなくなったら

 

このように、キャッシングやクレジットカードの使用によって借金で首が回らなくなってしまったらどうすればいいのでしょうか。

 

 

結論から申し上げれば、弁護士などに相談をして債権整理を行うことが最も効果的です。
これを行うことによって、利息をカットしてもらえたり、借金額そのものを減額してもらうことが可能なので、効果的に借金を減らすことができるようになります。

 

 

また、場合によっては自己破産などを選択して、債務そのものをゼロにして生活再建を図ることも可能です。

 

 

もちろん、そこにはデメリットもありますが毎月の返済に追い詰められて苦しい生活をするよりははるかにメリットのほうが大きいといえるでしょう。
今現在、借金問題で頭を悩ませている方は、まずはすぐにでも弁護士などに相談をするようにしましょう。

 

 

それが現在の苦しみから抜け出すための最も近道になります。