借金には時効があるのか

借金には時効があるのか?

借金の種類にもよりますが、お金を借りるということはそれほど難しいことではありません。

 

 

特に近年では消費者金融のキャッシングや銀行のカードローン、クレジットカードなどのサービスが拡大していることもあり、誰もが比較的簡単に借金をすることができるようになっています。

 

 

たしかに、キャッシングやカードローン、クレジットカードなどのサービスでは簡単な手続きで借金をすることが可能になっていますが、なかには借金が原因となって、いわゆる首の廻らない状況に追い詰められてしまう人も少なからずいます。

 

 

しかし、いかなる事情があったとしても借金は必ず返済するのが道理ですし、たとえ返済に行き詰ってしまったとしてもその間にも利息は膨れ上がってしまいます。返済をしないままの状態をそのまま放置していたとしても何も問題は解決しません。

 

 

そのような問題の解決には債権整理をするのが一番ですが、まずは弁護士へ相談するようにしましょう。

 

 

借金の時効が成立する条件は?

 

どうしても借金の返済に行き詰ってしまったような場合には、弁護士などへ相談をして債権整理の道を探るべきですが、その前に一度、借金の時効が成立していないかの確認をとっておくようにしましょう。

 

 

借金時効があるということを知らない人の多いでしょうが、一定の条件を満たしていれば返済をする義務はなくなるのです。

 

 

借金には最初の返済日から数えて5年、あるいは最後の返済から数えて5年で時効が成立することになっています。

 

 

そのため、これに該当する人の場合、時効が成立している可能性があり、借金がゼロになっている可能性があるのです。

 

 

ただし、前述したようにただ時間が経過したからといって必ずしも時効が成立するのではなく、5年間という月日の中で債権者側から一度も請求や督促がなかったという条件がつきます。

 

 

もしも、債権者側から度々、請求や督促を受けていたという場合には、そのたびに時効成立までのカウントダウンがストップすることになるからです。また、債権者側からの請求書や督促状を故意に無視していた場合もカウントダウンはストップすることになっています。

 

 

このような請求書や督促状は配達記録が残されているので、受け取っていないという言い逃れをすることはできません。

 

 

また、援用手続きということをしない場合にも返済義務がなくなるということはありません。そのため、所定の期間が経過した際には必ず弁護士へ依頼をして援用手続きを済ませておく必要があります。