消費者金融でおこなわれる総量規制とは?パートやアルバイトは厳しくなる

消費者金融でおこなわれる総量規制とは?パートやアルバイトは厳しくなる

お金はいつどんな時に必要になるかわからないので、何があってもいいようにしっかりお金を蓄えておくことが大事です。

 

 

しかし病気をしたりリストラにあうと、なかなかお金を蓄えるのは難しいです。
どうしてもまとまったお金が必要になった場合は、知り合いに頭を下げてお金を借りるよりも、金融機関から借入れをした方がいいでしょう。

 

 

キャッシングならば申込みに保証人や担保を用意する必要がないので、誰にも迷惑をかけることなく申込めます。カードさえ作っておけば、真夜中や旅先でもコンビニのATMから気軽に借入ができるので、いざという時にはとても頼りになります。

 

 

キャッシングは返済の途中でも限度額以内なら何度でも追加で借入ができるので、いろんな用途に使うことができて便利です。
キャッシングの申込みをする場合は、どこの金融機関にするか迷いますが、急いでお金が必要な時は審査の早い金融機関に申込むといいでしょう。

 

 

総量規制で借りられる金額は限られる

 

審査の早い金融機関は消費者金融に多いですが、消費者金融は総量規制があるので注意が必要です。
総量規制とは年収の3分の1までしか借入ができないことで、年収の低いアルバイトやパートの人は借入額もかなり少なくなってしまいます。

 

 

総量規制とは、個人向けの貸付のみが対象になるので、法人向けなどの貸付には対象にはなりません。
個人向けの貸付でもおまとめローンは総量規制の対象外になるので、年収を気にすることなく借入がおこなえます。

 

 

総量規制とはノンバンクが対象になるので、銀行は総量規制の対象外になります。
消費者金融では収入のない専業主婦は、融資を断られることも多いですが、総量規制対象外の銀行に申込めば専業主婦でも融資を受けられます。
ただし専業主婦の方は、限度額も低くなるので注意が必要です。

 

 

クレジットカードやキャッシングで借金の返済が大変になった場合は、一人で悩んでいても解決しないので、弁護士事務所などに相談するといいでしょう。
しかし弁護士事務所に通うのは、敷居が高い感じがして入りにくいという人も多いです。

 

 

最近は無料相談にのってくれる弁護士事務所も沢山あるので、気軽に相談してみるといいでしょう。
法律事務所などを選ぶ場合は、できるだけ債権整理の実績が豊富な所を探すといいでしょう。

 

 

債権整理の実績がない所だと、どうしても交渉に時間がかかり余計な費用がかかることになります。
料金システムが明確でない法律事務所は、あとで高額な追加料金が発生することもあるので気をつけてください。