債権整理を弁護士に依頼する費用の相場とは

債権整理を弁護士に依頼する費用の相場とは

今は、銀行や消費者金融だけでなく、所有しているクレジットカードからでも手軽にキャッシングができる時代です。お金が足りないときには、気軽に利用できるキャッシングが増加しています。

 

 

ただ、気をつけないとならないのが借入をクセにしないことです。誰でも、初めの頃は借入を慎重にしています。

 

 

しかし、人間はすぐに慣れる習性があり、借金も慣れると借入が高額になる傾向があります。借入が高額になると、元金にプラスされる利息も高額になります。このことが、今社会問題として多重債務とされています。

 

 

確かに、借りるのは簡単ですが返済は予想以上に大変になります。均等払いにしたときには、毎月の返済額の約半分が利息となります。このようなことから、債権整理をしたいと考える人は多くなっています。

 

 

債権整理をすることで、借金の問題を改善したいと思うからです。

 

 

この債権整理をするのは、専門家である弁護士に依頼する必要があります。さまざまな債権整理がありますが、中でも任意整理は弁護士か司法書士しか債権者と和解交渉ができないと法的に決められています。

 

 

債務整理の費用の決定は無料相談から

債権整理を検討したときには、まずは無料相談を受けることが始まりです。相談をすることで、弁護士からその依頼者の希望に合う方法を提示されます。その時に、依頼した費用も提示されます。

 

 

債権整理には自己破産や任意整理など、その方法で費用相場も異なります。

 

 

まず、資産がなく全ての返済をゼロにできる自己破産の費用の相場は約30万からとなります。

 

 

そして、持ち家などがあり資産を残したと考える場合には任意整理となります。こちらは、債権者と弁護士が直接交渉して利息のカットや元金の減額などを交渉します。そのために、債権者の数が多くなるほど費用はかかります。

 

 

相場では、1社当たり3万円からとするところが多くありこれに減額された金額の20%を手数料としています。ただし、この依頼する場合には原則先払いとなります。一括払いが、無理なときには分割払いも応じてくれます。

 

 

そして、依頼をした時点で債権が自分から代理人の弁護士に預ける形になります。そのために、毎月の返済は一度この時点でストップします。返済が、一時的に止まるのでこの返済分を依頼した費用に充てることができます。

 

 

借金が多くなり、返済ができない状態になると経済的だけでなく精神的にも大変な時期になり、通常の考えができなくなる場合もあります。しかし、このように借金問題を債権整理で解決をすることができます。