債権整理にはいろいろな種類がある

債権整理にはいろいろな種類がある

景気は少しづつ上向きになっているとは言われていますが、それを肌で感じている人はそれほど多くはなく、一般庶民は、相変わらず増えない収入に対して、増税などの影響で支出は増える一方で、毎月ぎりぎりの生活を余儀なくされている方も少なくはありません。

 

 

そんな生活を送る中で、予定外の出費が起きてしまうと、どうしてもどこからかお金を用立てるしかなく、手軽なクレジットカードのキャッシングを使ってしまうという方も多いようです。

 

 

クレジットカードを使ってのキャッシングなら、誰にも気兼ねすることなくATMでお金が借りられるので、借金をしているという感覚もあまりなく、返済に関しても毎月決まった額で良いので、ついつい利用頻度が増え、気が付けば借金総額が驚くほど膨れ上がっていて、毎月利息しか減っていないといった事態に陥ってしまっている人も少なくないようです。

 

 

 

こういったことを繰り返しているうちに、収支のバランスが崩れ、自分の収入には見合わない借金をしてしまっている方も多く、自力での返済に困窮し、弁護士に債権整理の相談をすることになっている方も増えています。

 

 

債務整理にはメリットとデメリットがある

この債権整理にはいろいろな種類があり、それぞれにメリット、デメリットが存在するので、全てを弁護士に丸投げするのではなく、自分の今後の人生設計にも関わってくることなので、しっかりと納得の上決断しなければなりません。

 

 

大きく分けると

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

です。

 

 

関連記事:

 

 

どの種類の債権整理を行うのが自分に取ってはベストなのかは、法律の専門家である弁護士が見極めてはくれますが、借金総額が圧縮され、毎月の支払い額が減額されてはいても、支払いの義務が残るものも多いので、個人の意識改革は必要です。

 

 

債権整理を行う人は、基本的に金銭感覚がルーズな人が多く、足りなれば借りればいいと簡単に考える方も多く、収入に対しての支出のバランスがしっかりと管理できていない人がほとんどなので、債権整理を機に健全な家計が営めるように考えを改めることも大切です。

 

 

債権整理とは大まかに言えば、借金総額の圧縮率とデメリットは比例するものなので、自己破産のように全く返済義務がなくなる種類のものは、それだけデメリットは大きく、持っている財産はすべて没収され、債権整理を行ったという事実は官報に記載され、職業に制限がかけられることもあるなど、その後の生活にはかなりのペナルティーは課せられるということを理解しておきましょう。

 

 

そして債務整理後は、いずれの種類を選択しても、当面の間は新たなローンは組めないということは当然のことです。