夫、妻の借金が発覚してしまった時の相談

夫、妻の借金が発覚してしまった時の相談

最近、弁護士への借金相談で増えているのが、個人というよりも夫婦の借金問題です。

 

 

夫や妻が自分の知らないところで借金をしていた、いつの間にか自分が保証人にならされていた、などという内容も多く、最悪の場合離婚問題にまで発展してしまっていることも多いようです。

 

 

配偶者が隠れてお金を借りていたということは、互いに対する信用問題と考えることも出来るので、借金発覚を機に相手を信頼できなくなってしまえば、今後夫婦生活を営むことはできなくなってしまうので、離婚もある意味致し方ないことなのかもしれません。

 

 

しかし、妻の借金は、実は生活費が全く足りていなかった、という場合もあり、まずは夫婦間で、なぜこのような事態になってしまったのかを、お互いに隠すことなくすべてをさらけ出し話し合いをすることが先決です。

 

 

その上で、借金が少額で、互いに力を合わせれば解決できるのであれば、返済を完了し、今後の家計のあり方について両者でしっかりと決めることが大切です。

 

 

しかし、中には、気がついた時には借金総額は、返済不可能なほど膨れ上がっていたり、ギャンブルなど配偶者の身勝手な問題が原因であったり、全くお金の管理ができない妻のクレジットカードのキャッシングなど、ある意味お金を借りることを何とも思わない、借金癖のある病気気質の方もいるので、こういった場合は、配偶者に見切りをつけ、人生を見直すことも間違いではなく、誰に咎められることでもありません。

 

 

早めの借金への対策を

しかし、残念ながら、保証人になってしまている場合は別で、自分の了解いかんにかかわらず、自分名義の借金であれば返済の義務は生じてしまうため、早急に何らかの対策を取る必要があります。

 

 

とても自分の収入では返済できないような場合であれば、配偶者との離婚の有無にかかわらず、弁護士に債権整理を依頼する必要があり、その際の支払い方についても、どうするのがベストなのか相談して見ましょう。

 

 

お金の問題が発端となって離婚という問題に発展する場合には、慰謝料の有無も含めて、その分野に長けた弁護士に相談することが望ましいでしょう。最近は、収入のない方や低所得の方も気兼ねなく利用できるように、まずは無料で話を聞いてくれる弁護士事務所も多く、依頼料も含めて相談に乗ってくれます。

 

 

いろいろな救済方法があるので、恥ずかしいなどと考えずに全てを包み隠さずに話し、できるだけデメリットが少なくなるように、最善策を導きだしてもらいましょう。