総量規制対象外のおまとめローンを利用する

借金相談の前に総量規制対象外のおまとめローンを利用する方法

カードローンは今では消費者金融だけでなく、銀行など多くの金融機関で扱っているので、いろんな世代の人が利用しています。銀行のカードローンは総量規制対象外なので、専業主婦でも申込めるので人気です。

 

 

カードローンは限度額以内であれば、返済の途中でも何度でも追加融資を受けられるので便利ですが、限度額を高めに設定すると、借り過ぎてしまうこともあります。自分の収入にあわせて限度額を決めることが大事ですが、消費者金融だと総量規制があるので年収の低いアルバイトやパートなどの人は、限度額も低くめに設定されてしまいます。

 

 

限度額が低いと思うような借入ができなくなり、他社のカードローンに申込む人も多いです。複数社から借入をしていると、しだいに返済が追い付かなくなり、気がつくと借金でクビが回らなくなってしまいます。そんな時は法律事務所で借金の相談を弁護士にするといいでしょう。

 

 

無料で借金の相談にのってくれる法律事務所もあるので、気軽に相談できます。弁護士に借金の相談をすると、債権整理を勧められますが、クレジットカードやキャッシングの借金総額を正直に話すことが大事です。

 

 

おまとめローンをうまく活用する

 

債権整理はしたくないという人は、おまとめローンを利用するといいでしょう。おまとめローンは総量規制対象外なので、年収を気にすることがなく融資を受けることができます。消費者金融でもおまとめローンなら総量規制対象外なので、誰でも申込めることができます。

 

 

おまとめローンは、金利の低いローン商品に借り換えることで毎月の返済額を軽減できます。クレジットカードやキャッシングなどの複数の借入も一本化することで、バラバラになっていた返済日も一つにすることができるので、返済計画もたてやすいのが特徴です。

 

 

おまとめローンを利用すれば、借入件数が減るので、住宅ローンなどの審査もスムーズにおこなえます。気をつけなければいけないのは、おまとめローンで返済期間を長くすると、毎月の返済は楽になりますが、トータルすると利子が高くなることもあります。

 

 

おまとめローンは高額融資をおこなうので、審査も厳しくなる傾向があります。クレジットカードやキャッシングなどの借入件数を正確に報告することが大事です。どうしても審査に通りたいからと、嘘の報告をしても個人信用情報機関に履歴が残っているので、すぐに嘘がバレてしまいます。

 

 

嘘がバレると余計審査が不利になるので正確に申告しましょう。必要書類も本人確認書類や収入証明書の他に、債務残高の総額が書かれた書類を提出する必要があります。書類が揃っていないと審査に落とされるので気をつけてください。