任意整理を行うことのメリットとデメリットって?

任意整理を行うことのメリットとデメリットって?

任意整理は債務整理の手法の一つであり、基本的な仕組みとしては「債務者が債権者と直接交渉を行うことによって返済条件を再設定する」ということになります。

 

 

その任意整理の一環として過払い金請求をかける場合などもありますが、この場合は過払い金を元本と相殺することで借金を事実上完済するなどのことになるでしょう。

 

 

さて、しかしながら任意整理も債務整理の一つであるわけですから、他の方法と同じようにメリットとデメリットがあります。

 

 

任意整理のメリット

まずメリットについてですが、これは何よりも「借金の完済が近づく」ということが挙げられるでしょう。状況によっては任意整理だけでは問題が解決できないこともありますが、成功すれば返済の条件は見直されて月々の返済負担を大きく軽減することが出来るようになります。

 

 

先にも述べたとおり過払い金があればそれだけで完済できることもあるでしょう。また「裁判所に対して手続きを申し出る必要が無い」ということもメリットとなってくれます。

 

 

任意整理以外の方法、例えば自己破産や個人再生では裁判所に申し立てを行い、裁判所に出向いて交渉をしていかなくてはなりません。ですが任意整理は裁判所を介さない方法ですから、自分で裁判所に足を運ぶ必要が無いということも大きなメリットとして考えられるのです。

 

 

任意整理のデメリット

しかしこれらの反面デメリットとなっているのが、まず「債権整理の方法としては確実性がやや低い」ということです。特に弁護士などの専門家が立たず、個人で任意整理を業者に持ちかけたとしてもそもそも応じてくれないケースがかなり多く見られます。

 

 

これはあくまでも裁判所が介さないものであるうえ、応じるかどうかは各キャッシング業者やクレジットカード業者が任意に決めることが出来るということが理由となっています。

 

 

弁護士が来るほどとなれば「応じないと自己破産をされて一切回収できなくなるかもしれない」というプレッシャーを与えて応じやすくしてもらうこともできますが、個人ではかなり難しいのが実情です。また「任意整理後は一定期間ブラックリストに掲載される」ということも問題点となるでしょう。

 

 

任意整理は金融事故のひとつですから、それを過去に行ったことがあるとわかってしまう以上、キャッシングにしろクレジットカードにしろ、新たに契約することは今後しばらくできなくなってしまいます。

 

 

一般的には五年間ですが、その間に大きな借金をすることを考えているのであれば任意整理を行うべきかどうか冷静に判断する必要があることがデメリットになってきます。

 

 

こうした債務整理のことに関しては各地の司法書士や弁護士が相談に応じていますから、もし返済に困っているようであれば各地の司法書士事務所や弁護士事務所、法テラスに相談を持ちかけることをお勧めします。

 

 

関連記事: