2回目の任意整理ができる人とできない人

2回目の任意整理ができる人とできない人

任意整理とは、任意に債権者と話し合って、条件変更や圧縮などによって完成を目指す方法の債権整理です。

 

 

債権者との交渉には、債権問題に明るい弁護士に相談し、代理人となって交渉してもらうのが得策であるということは、近頃では広く知られています。

 

 

クレジットカードやキャッシングなどの支払いが苦しくなって借金問題を抱えてしまった時、支払い回数や金額、利息の緩和などがあれば完済できるという人であれば、この方法の選択がおすすめです。

 

 

任意整理によって債務整理をすると、信用情報はネガティブなものになり、クレジットカードやキャッシングの契約が難しくなります。

 

 

しかし支払いの義務を免れることで借金問題を解決する自己破産や個人再生に比べ、曲がりなりにも完済を目指す任意整理は、全て解決したのちには信用の復活が期待できるものです。

 

 

任意整理は何回でもできる?

任意整理はあくまでも任意の話し合いですから、自己破産や個人再生のように何年か経過した後じゃないと2回目ができないという制約はなく、何回でもできるものです。

 

 

しかし任意なのですから、2回目3回目となっても債権者が話し合いに応じるかどうかは別の話です。かならず応じなければならないということはありません。「その条件変更は飲めない」と判断すれば断ってくる事もあるわけです。

 

 

そうなれば思うように任意整理ができないことになります。債権者にしてみれば大概は払われないよりも完済してもらった方がいいのですから、おおよそ2回目でも応じるものです。

 

 

とはいえ対応は硬化してきますので、少しでも有利に話し合いが進むよう、特に2回目以降は弁護士に相談すべきです。このように任意整理ができないことが明らかな人はいないものです。

 

 

しかし任意整理よりも自己破産や個人再生を選択すべき状況に陥っている人が、無理に任意整理を選択するのは、いたずらに借金問題を長期化させてしまうだけです。返済したいからといって、土台無理な返済計画を立てても実行できません。

 

 

支払うことが大前提なのですから、支払い可能な収入がある事もことも必要です。無収入の人であれば、なにかしらの支払い可能な理由がなければ、選択できません。

 

 

早期解決を図るには、どの方法を持って解決を目指すのかが大切なポイントになります。任意整理も常識の範囲があり、債権者が「そのような条件で支払われてもこちらの得が全くない」と判断するような支払い案を提示しても、それで契約はしてこないでしょう。専門性の高い交渉になります。

 

 

関連記事: