債権整理は会社にばれるのか?

債権整理は会社にばれるのか

債権整理を検討している人の中には、勤めている会社債権整理をしたことがばれてしまうのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。会社にばれたことにより、直接的に解雇の原因になる可能性はほぼ無いと言えます。しかし、会社に居づらくなることも考えられます。

 

 

債権整理と言っても、いくつかの種類がありますが、最もばれない方法としては、任意整理という方法があります。これは、裁判所への申し立ての必要もありませんので、裁判所に行く必要もありません。会社を休むことがないので自己破産などの裁判所に申し立てを行う必要のある手続きに比べるとばれにくいと言えるでしょう。

 

 

任意整理は、債権者と交渉をし、今後の利息を免除してもらうという手続きです。残りの借金は3〜5年で返済していく必要があります。借金がゼロになるというわけではありませんが、今まで支払っていた利息分が免除されることにより、毎月の返済額は少なくなります。

 

 

債権整理の相談を弁護士にする場合には、借金問題に詳しい弁護士にするようにしましょう。

 

 

任意整理だけに関わらず、債権整理を行った場合には信用情報機関に登録されることになります。登録されている間は新たにクレジットカードを作ったりキャッシングサービスを利用することは非常に難しいでしょう。

 

 

クレジットカードを作ったりキャッシングサービスを利用するという場合、審査を受けることになります。この審査の際には信用情報機関の登録情報が参照されることがあり、ここに債権整理を行ったという情報があれば審査を通過することが出来ない可能性が高いようです。

 

 

任意整理を弁護士や使用書士に依頼する場合の費用は、依頼するところにより異なります。また、債権者の数によっても異なります。一度に全額を支払うことが出来ない場合には、分割払いを選択することが出来る場合もありますので、あらかじめ確認するようにしましょう。

 

 

借金の返済が遅れており、厳しい取り立てにあっているという場合でも、弁護士や司法書士に債権整理を依頼することにより採りたてをやめさせることが出来ます。

 

 

長期にわたって返済することが出来ないことが続くと、自宅だけではなく会社にまで取り立ての連絡が来るようになる可能性がありますので、出来るだけ早い段階で相談するようにしましょう。手続きの際に過払い金の存在が分かった場合には、借金が大幅に減る可能性やお金が戻ってくる可能性もあります。