過払い金は発生時期により時効に!相談は早急に

過払い金は発生時期により時効に!借金の相談は早急に

お金を借りて真面目に返済して完済した場合も、また今実際に借りたお金を返済している最中の場合も過払い金の請求は、すぐにもできますが、問題なのは返済完了日から時間がたつと消滅時効といって請求権がなくなってしまうことがあるので注意です。

 

 

ではそもそも過払い金はなぜ発生するかというと、借入れの利息については、適用法律が二つあり、それは低利の利息制限法高利の出資法であり、クレジットカードのキャッシングは、出資法に基づく金利計算をしているので、利息制限法よりも高利で計算されているので、適用の見直しをすれば、低利のとの差額が金融会社が取り過ぎていたために、過払い金となり請求できるものです。

 

 

10年未満に過払い金の相談を

この過払い金請求も民法上の債権であるので、発生時期から10年たつと消滅します。この発生時期は、最後に返済を終わったときから考えます。

 

 

ですので、いま現在借金の残額に苦しんでいる方が、時効のことを気にすることなく、過払い金の請求をして、払い過ぎたお金を残っている借金の元本に充てることで大幅な借金の減額だけを考えて専門の弁護士に相談するべきです。

 

 

問題は支払の終わった方で現実的に発生時期の事を誤解して、たとえばその時期が借りた時からと勘違いして請求しない方もおり、実際には請求できるのに、放置したため10年の時効にかかってしまった事がよくあるため、もし思い当たるものがあれば借金相談として弁護士にしたほうがいいですし、いまは無料相談も多いですので急いだほうがいいです。

 

 

またまれなケースですが、同じ会社から最初借りて1年ぐらいで返済して、またその同じ会社から数か月後借り、返済が終了した場合に一番最初に借りた時の最終返済日が10年経過していて、のち借入の返済最終日は10年を経過していない場合は、原則的に後者のみの請求と考えられます。

 

 

同じ会社なら継続取引とみなして、最後の返済日を後者ですべて起算して、全部の過払い金請求ができることもあるのでこのようなことがあるならかならず相談したがいいです。

 

 

ただしこの過払い金請求は、あくまでもクレジットカードの場合には、キャッシングだけでの適用で、ショッピングなどのでリボ払いでの利息には、これは借入ではないので適用となりません。

 

 

このように意外に過払い金請求で見逃していることが多いので、返済支払の履歴がわかるものがあれば、事実が簡単に把握できるので、現在無料してくれることがほとんどなので、弁護士に相談したほうがいいです。