過払い金請求には期限がある

過払い金には期限がある

クレジットカードのキャッシング枠では、過払い金は発生しない。
ひょっとしたらこんな風に思い込んでる人もいるかもしれません。

 

 

しかしそれは完全な思い込みであり、クレジットカードのキャッシング枠でも、過払い金は発生する可能性があります。

 

 

なぜなら、クレジットカードのキャッシング枠だろうとなんだろうと、昔の利息制限法に基づく上限金利を越える金利の請求がなされていたら、それは今の法律では違法になるので、その分の返還請求ができるからです。

 

 

少しややこしい話になりましたが、要するに、今禁止されている18%以上の金利を請求されていたら、それに対しては返還請求ができるということです。
さて、問題はそれだけではありません。

 

 

仮に過払い金があることが分かったとしても、返還を受けるためには時を急がなければなりません。
なぜなら、過払い金の返還には期限が設けられているからです。

 

 

これは時効といいなおすこともできますが、その期限を過ぎてから手続きをしても、過払い金を返してもらうことはできないのです。
だからなんとかして期限内に返還してもらうため、急ぐ必要があるのです。

 

 

でも、急いだからといって過払い金が確実に戻ってくるとは限りません。
例えば、借金に関する法律の知識をまったく持たない素人が返還の手続きをしても、金融業者がまともに相手をしてくれないこともあります。

 

 

せっかく請求できる権利があるのに、それを行使してもお金が戻ってこないのであれば意味がありませんが、意味を持たせるためにはプロの請求者に依頼しなければなりません。
そのプロとは、債権整理に詳しい弁護士や司法書士です。

 

 

プロに相談して代理者になってもらえば、金融業者も素直に対応するようになり、手続きもスムーズになります。

 

 

特に厄介なのが、取引履歴の開示と過払い金返還の和解交渉ですが、この段階をつつがなく通過するためには、法律の知識をもったプロの助けが必要です。

 

 

弁護士の中には特に過払い金に強い人間もいますので、そういうプロフェッショナルを見つけて交渉を依頼するようにしなければなりません。

 

 

まとめ

では、ここまでをまとめてみましょう。

 

一つは、クレジットカードのキャッシング枠でも過払い金が発生する可能性があるということでした。

 

そして、過払い金の返還には時効があるので、その期限内に返還してもらうため手続きを急ぐ必要があります。

 

さらに、手続きは素人が一人でやるのは難しいので、弁護士などプロに依頼する必要があります。
この3つのポイントを頭に入れておいてください。