住宅ローンは債権整理後何年経過したら審査に通る?

住宅ローンは債権整理後何年経過したら審査に通る?

債権整理には、任意整理、個人再生、自己破産といった種類がありますが、いずれの制度を利用したにしても、債権整理をしてからしばらくは住宅ローンの審査には通らなくなります。弁護士に借金の相談をすると、借金問題の解決方法についてはしっかりと説明してくれますが、金融機関の審査に通らなくなるという問題についてはあまり詳しく説明してもらえないこともあるので注意が必要です。

 

 

債権整理をした後、5年〜10年間はクレジットカードやキャッシングの審査に通らなくなりますが、これは個人信用情報に事故情報(ブラック情報)が登録されているからです。ブラック情報が登録される期間は、任意整理の場合はおよそ5年、個人再生と自己破産の場合はおよそ5年もしくは10年です(個人信用情報機関によって5年だったり10年だったりします)。

 

 

この間は住宅ローンの審査にはほぼ通りません。前述した通り、ブラック情報がある人が住宅ローンを組んではいけないという法律や規則はありませんが、たった一回の延滞記録があるだけでも審査で大きく不利になってしまう住宅ローンの審査では、ブラック情報があってはまず通らないでしょう。

 

 

住宅ローンに申し込む場合

 

住宅ローンの審査に申し込む時には、個人信用情報にブラック情報がないのは当然として、一回の延滞記録すらない状態にしておくのが理想的です。マイホームの購入を考えだしたら、数年前からクレジットカードやキャッシングの返済では延滞をしないように気をつけておきましょう。

 

 

特に消費者金融からのキャッシングについてはあまり銀行からのイメージもよくないので、できれば住宅ローンを組む前の数年間は利用しないほうがいいでしょう。消費者金融を利用するにしても、目的をもって利用して、目的を果たして完済したらさっさと解約をしてしまいましょう。

 

 

例外的に、債権整理をしてもブラック情報が登録されないケースもあります。弁護士に借金問題の解決を依頼すると、弁護士はまず過払い金がないかを調べて、過払い金が発生している場合にはその分を元本から差し引き計算をします。この時点で、借金をすでに完済できていることが判明した場合には、過払い金返還請求だけを行なって、任意整理は行なわれません。過払い金返還請求をしただけではブラック情報が登録されないので、この場合には住宅ローンの審査に影響しません。

 

 

最後に、自分の信用情報がどのように登録されているかは、個人信用情報機関に情報開示請求をすればわかります。不安な人は住宅ローンに申し込みをする前に自分の信用情報を確認してみるとよいでしょう。