借金を相続しないため遺産放棄をするには?

借金を相続しないため遺産放棄をするには

相続とは、死亡した人の財産や土地を受け取ることができるというプラスのイメージが強いですが、実は死亡した人に借金があった場合にはその負債までも相続してしまいます。亡くなった人の財産がマイナスである場合には、遺産放棄という手続きをとることで、借金相続することを回避することができます。

 

 

遺産放棄とは?

 

遺産放棄は、相続の開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に届出をしなければなりません。相続の開始を知った日からなので、死亡の事実を知らなかった場合には、その事実を知った日から3ヶ月は時効にかかりませんが、事実を知らなくても、相続の開始から10年が経過すれば時効によりその権利は消滅します。

 

 

遺産放棄をすると、「相続人ではない」と扱われ、すべての権利義務を引継ぐこともなくなり、さらにすべての相続に関する手続きに関わることもなくなります。遺産放棄をすると、残りの借金をすべて他の法定相続人に背負われることになりかねないので、必ず他の法定相続人には連絡をしておきましょう。

 

 

このように、遺産放棄をすれば借金を引継ぐことはなくなりますが、死亡してからかなり後になってから借金があることを知ってしまった場合などには、3ヶ月が経過しているためもう手遅れになっている場合もあります。

 

 

また、亡くなった人が友人などの連帯保証人になっていた場合には、書類が残っていないこともあり、気づかずに相続してしまうケースも多いようです。連帯保証人というのは、主債務者がきちんと返済をすれば連帯保証人が返済をする必要はなくなる場合もあるので、判断が難しいところだと思います。

 

 

遺産放棄も弁護士に相談を

 

そのようなときでも、弁護士に相談をしてみましょう。返済できないほどの借金を背負うことになっても、債権整理をすれば借金を減額できたり、すべての借金を帳消しにしたりすることができます。自己破産ではギャンブルや浪費による借金は免責されないこともありますが、相続によるものなら問題なく免責を受けられるでしょう。

 

 

債権整理をすると、およそ5年〜10年間は個人信用情報にブラック情報が載ってしまうので、金融機関の審査に通らなくなり、クレジットカードやキャッシングを利用できなくなります。

 

債権整理後、クレジットカードの審査が通る期間や時期は?

 

 

ただし、ブラック情報があるからといって、ローンを組んではいけないという法律はないので、事情を説明してわかってもらえれば融資を受けられる可能性もゼロではありません。相続によって借金を背負ってしまった場合は、本人の責任はそれほど大きくないので、金融機関の判断によっては審査に通ることもあるでしょう。