保証人と連帯保証人との違いとは

保証人と連帯保証人との違いとは?

保証人連帯保証人について、主たる債務者が支払えないときに返済の責任を負うという点では等しく、違いは一般的にはないと判断されていることも少なくありません。しかし厳密にいえばその違いは大きく、主に3つが挙げられます。

 

 

まず保証人にあって連帯保証人にはない「催告の抗弁」があります。これはたとえば貸金業者が、保証人となっている者に対していきなり請求をしてきた時、「主債務者への請求をまず行ってほしい」ということを主張可能です。これが「催告の抗弁」ですが、連帯保証人であればそれができません。

 

 

請求された時点でなすすべもないということになります。保証人には「検索の抗弁」も認められています。もし主債務者に財産などがあって返済能力が認められるのにもかかわらず返済しないなどの事態が起きた時、これを理由に保証人は貸金業者に主債務者所有の財産について強制執行を行うよう主張することが可能です。

 

 

これが「検索の抗弁」です。これも保証人だけが行使できることです。主債務者が資力があるにもかかわらず、のらりくらりと返済を行っていれば、連帯保証人は債権者からの返済の求めに応じなければなりません。また保証人が複数人いる契約で、保証人一人一人は頭数で割った金額だけ返済することが義務づけられますが、連帯保証人であれば、その個々に全額の返済義務が課せられます。

 

 

当然複数人がその義務に応じて返済を行えば、本来返済すべき金額を超えることになってしまいます。そういった時にはまっとうな返済総額に調整されます。このように両者には違いがあります。近頃では借金の契約において、保証人が求められる折には、大概が連帯し保証人となっています。

 

 

それによって債権者側は大きく守られることになります。クレジットカードや一般的なキャッシングのような小口融資は、近頃無担保の上に保証会社による保証が多くなっています。大口になるほど人的保証が求められることも多く、保証倒れも起こる可能性が高くなります。

 

 

人的保証が付いた債権を債権整理に含むのであれば、保証している人に対してきちんと理解を求める必要があります。トラブルは避けられませんが、事前に理解を求めておくことでストレスも激減しますし、保証している人が事前に対策を講じることもできます。弁護士などに相談していれば、保証している人の返済計画にいたるまで解決方法を提案してもらえることが可能となります。より良い解決が望めます。