過払い金が発生する仕組みはグレーゾーン金利にあった

過払い金が発生する仕組みはグレーゾーン金利にあった

クレジットカードでは利息制限法の上限金利により貸付を行っていたこともあり、利息の払い過ぎが発生する確率が低いのが特徴ですが、キャッシングなどの消費者金融では一時期に利息制限法を超えた金利で貸付を行っていた背景があります。

 

 

その仕組みは出資法が関係していますが、利息制限法では20%を上限金利に設定していたものの、出資法では29.2%を上限金利としていた経緯があります。

 

 

利息制限法を超えた金利でも出資法の上限金利までの間の貸付は罰せられなかったため、いわゆるグレーな部分となっていたのです。これをグレーゾーン金利と言いますが、グレーゾーン金利で貸付した分の利息は違法ですから、法改正により払い過ぎた利息を取り戻すことが可能となっています。

 

 

過払い金返還請求と言いますが、任意整理や債務整理など弁護士や司法書士に相談することで過払い金返還請求をすることが可能です。グレーゾーン金利での利用が長いほど変換される金額も大きくなりますが、債権整理は個人では難しいため専門家に依頼するのが最も確実な方法となります。

 

 

グレーゾーン金利が撤廃

 

グレーゾーン金利の仕組みを理解すれば過払い金について知ることができますが、現在では法改正によりグレーゾーン金利が撤廃され、利息制限法の上限金利を超えた貸付はできなくなっています。

 

 

消費者金融などの貸金業者は、合わせて総量規制を導入する仕組みが作り上げられたため、以前のように多重債務に陥るケースが少なくなっています。多重債務とは、簡単にいえば借金をしすぎたために返済が困難な状況になったことを言いますが、現在では総量規制があることで借金をすることができる金額にも制限が設けられています。

 

 

総量規制は年収の3分の1までに借入額を制限しているため、複数の業者から無限に借り入れすることは困難となっています。借金が膨らんでしまった場合には、弁護士に依頼して任意整理を実行すれば過払い金を取り戻すことが可能です。

 

 

しかし返還請求を行うと、以降は借り入れができなくなってしまいますので、借入額と変換できる金額の関係が問題となってきます。任意整理により返還請求を行い、高額な返還金により借入額が完全に相殺される場合と、残高が残ってしまう場合とがあります。完全に相殺できる場合は信用情報を傷つけることなく借金を整理することが可能ですが、残高が残ってしまう場合には信用情報機関に登録されてしまいます。

 

 

信用情報に傷がつくと、登録が解除されるまでは融資審査に通らなくなるため注意が必要です。