債権整理ならギャンブルで作った借金も整理できる?

債権整理ならギャンブルで作った借金も整理できる?

ギャンブル依存症の方は男性に多く見られ、キャッシングやクレジットカードを複数枚所有している方が多いのが特徴です。特にキャッシングの利用者は多く、1社では不足するので3社、5社といった複数社から借りているのです。

 

 

借入先が増えると借金の把握は難しくなり、債務が増えても自覚しにくくなります。雪だるま式に債務は増えていっても、キャッシングは借りたお金で返すことができます。そうして少しずつ債務が増えていき、最終的に当月の返済も不可能になるのです。

 

 

ギャンブル依存症の方は、ギャンブルで勝ったお金で返済しようと考えることが多いですが、そもそも賭け事は負けるようにできています。勝てる実力があるならば、借金をする必要もないのです。

 

 

ギャンブルでの債務整理の選択肢

ギャンブルで作った借金については、通常よりも債権整理の選択肢は少なくなります。

 

 

生活費が不足して借りた場合は、自己破産、個人再生、任意整理といった債権整理から選択できます。これに対してギャンブルの借金は、個人再生と任意整理に関しては通常どおり行なえますが、自己破産に関しては免責不可事由となる可能性があります。

 

 

遊びのために作った借金なので、自己破産で整理はできないという意味です。ただし、最近はギャンブルの債務に関しても自己破産を認めるケースが増えてきているので、必ず免責不可となるわけではありません。

 

 

債権整理の相談は、弁護士と行うのが基本です。最近は司法書士も債権整理に対応していますが、整理できる借金総額は140万円までとなります。数百万円の債務を背負っている方は、最初から弁護士に依頼したほうがいいのです。

 

 

報酬額はどちらも大差ありませんし、過払い金が140万円超発生している場合においても全額返還が期待できます。司法書士の場合は、200万円の過払い金が発生している状況においては、回収できる金額は140万円となります。

 

 

また、弁護士は地方裁判所の代理人になることも可能なため、あらゆる債権整理をスムーズに進められます。

 

 

キャッシングやクレジットカードは、利用額が少額でも安心してはいけません。金利が高いので思った以上に利息が発生するものです。借入額が増えるほど利息も倍増するため、返済はますます大変になります。

 

 

例えば、最初は10万円の借入からスタートし、3年後には100万円の限度枠まで増額されて、その満額まで利用した場合の利息は当初の10倍となります。同金利ならば借入額に比例して利息は増えるため、返済は非常に厳しくなります。

 

 

返済が不可能だと感じたら、早いうちに弁護士に相談しましょう。