債権整理後、一定期間はクレジットカードの審査は通りません

債権整理後、クレジットカードの審査が通る期間や時期は?

最近は、テレビコマーシャルでも繰り返し流れている債権整理、借金問題には必ず解決策がある、ということを知るきっかけともなっており、出口のない地獄から抜け出し、大切な人生をもう一度立て直すことが出来、明るい笑顔を取り戻している人が増加しています。

 

 

お金がたりない時に、どうしても借金をしてしまうことはだれにでもあることですが、それが常習化し、いつしか収入に見合わないほどの借金に膨れ上がってしまっていれば、もはや弁護士に介入してもらい債権整理をしないと、自力では健全な家計は立て直せません。

 

 

債権整理には専門知識も必要で、素人が自分で出来ないものではありませんが、借入先が多数にわたっていたりすれば、一つ一つ処理をしなければなりませんし、何より債権者が、債務者本人の借金減額の交渉に応じるわけもないので、費用が発生したとしても、法律のプロである弁護士に依頼するほうが賢明です。

 

 

依頼料に関しては、過払い金が発生する場合には、運が良ければ費用が発生しない場合もあり、また費用が生じても、低所得者の場合には、救済措置を適用してもらえる場合もあるので、まずは相談して見ることをお勧めします。

 

 

また、債権整理にもいろいろな方法があるので、相談者の置かれている状況によって最善策も変わってくるので、全てを隠さずに弁護士に申告すれば、必ずベストな解決策を導きだしてくれるはずです。さて債権整理が終わると、収支のバランスも正常に戻っているので、お金を借りずとも生活が行えるようになっているはずですが、現代社会においては、キャッシングなどのためではなく、どうしてもクレジットカードが必要な場面も多々あります。

 

 

クレジットカードは五年から十年後

しかし、基本的に債権整理後は、一定期間は新たなローンは組めなくなり、クレジットカードも作れません。債権整理を行ったという情報は、金融機関の信用情報に記載されてしまうので、クレジットカードの審査はまず通らないと考えたほうが良いでしょう。しかしこれは絶対ではないので、個人の収入いかんによっては、審査が甘いところであればクレジットカードが作れることもあり、申し込んでみないことにはわからないのも事実です。

 

 

また債権整理後、大半のクレジット会社では五年から十年は審査に通りにくいといわれていますが、これも会社によりけりで、一概には言いきれません。ただしここで注意が必要なことは、審査に落ちたとしても、クレジットカードの申請に申し込んだという事実が記載されていくことで、あまりに頻繁に申請していると、お金に困窮していると思われ、ますます審査に通りにくくなるということもあるようです。