借金無料相談 | おすすめの借金返済の相談所ランキング

ブラックリストとは信用情報機関の事故情報のことです

よくブラックリストと言う言葉を耳にしますが、実際にはブラックリストは存在しません。では何をブラックリストと言っているのかといいますと、信用情報機関の信用情報に事故情報が記録されることを指しています。

 

 

借金の返済が困難になった場合には、弁護士や司法書士に相談することが必要となります。そして借金の返済負担を軽減させる方法の一つである債権整理を検討することになります。任意整理・個人再生・自己破産などの手続き方法がありますので、借金の残高や資力などを勘案して最適な手続き方法を選ぶことが必要です。

 

 

任意整理は債権者と任意で交渉しますので、裁判所に届け出る必要はありません。債権者が受け入れてくれれば、どのような交渉内容でも成立させることが出来ますが、実際には金利の引き直し程度しか出来ませんので、債務の負担軽減効果はそれ程大きくありません。

 

 

個人再生は裁判所を通じて手続きを行って、認可されれば債務を5分の1程度に減額することが可能です。自己破産は裁判所に認可されることによって、全ての債務が免除されます。このように手続き方法によって程度の差はありますが、債権整理を行うことによって借金の返済負担を軽減させることが出来ます。しかし手続きを行うことによってデメリットとなることもあります。

 

 

それは信用情報機関に債権整理を行ったという事故情報が記録されてしまうことです。信用情報機関には銀行や消費者金融、クレジットカード会社など様々な企業が利用登録をしていますので、事故情報が記録されれば、利用登録している全ての企業にその情報が知られることになります。

 

 

新たなキャッシングは不可能に

 

そうすると銀行で住宅ローンを利用したり、消費者金融でキャッシングを利用したり、あるいは新たなクレジットカードを作ったりすることが全て出来なくなってしまいます。事故情報によってこのような影響があるため、ブラックリストという表現が用いられています。

 

 

信用情報機関に事故情報が記録される期間は、債権整理の手続き方法によって異なります。任意整理の場合は5年間ほど記録が残り、個人再生の場合は5年から10年ほど記録が残りますし、自己破産の場合は10年間事故情報が残ってしまいます。この期間は、あらゆる審査が通らなくなってしまいますので、新たな融資を受けたりすることは出来なくなります。

 

 

このように実際にはブラックリストは存在しませんが、事故情報が多くの企業間で共有されることになりますので、ブラックリストと言う表現は強ち間違っていません。