家族にバレない!内緒で債権整理をする方法

家族にバレない!内緒で債権整理をする方法

債権整理を自分でしようとすると債権者や裁判所から郵便物が届くので家族にばれてしまいます。家族にばれないように、内緒債権整理を行うためには弁護士に依頼して代わりに裁判所や債権者との手続きを全て引き受けてもらうことが必要です。

 

 

さらに弁護士からの電話や郵送も家族にわからないように、差出人を事務所ではなく個人名にしてもらっておくと内緒で債権整理の手続きができます。弁護士事務所の中にはそういった相談者の気持ちに配慮して、協力してくれるところも少なくないのでそういったところに相談してみると良いでしょう。

 

 

債権整理をしたいが家族が保証人になっているので、すぐにわかってしまうといった場合には任意整理を選ぶ方法もあります。任意整理とは整理する借金を選ぶことができる債権整理の方法で、保証人に迷惑をかけたくないとか、自動車ローンが残っているが自動車を手放したくないという場合に便利です。

 

 

これなら毎月の返済額を減らすことができるので、ローンの支払いも楽になります。

 

 

自己破産も家族に内緒でできる場合がある

また借金の額が多すぎて自己破産しなくてはいけない場合にも家族に内緒で出来る場合があります。自己破産は自分の持っている20万円以上価値のある財産を処分して返済に充てるかわりに借金を帳消しにしてもらえます。

 

 

処分する財産は自分名義のものだけなので、同居している家族がいてもその財産は処分対象になりません。その為誰に知られず債権整理できます。

 

 

自分名義の家に住んでいる場合には家を処分する必要があるので、内緒でするわけにはいかなくなりますが専業主婦など自分の財産がほとんどないという場合なら夫にも子供にも知られず債権整理できます。

 

 

債権整理しないと借金の額がどんどん膨れ上がります。お金を返すためにまたお金を借りるという生活をしなくてはならない上、キャッシングできるところもなくなる為に違法に高利でお金を貸す業者からお金を借りてしまう人も少なくありません。

 

 

すると返済が滞って家に督促が来るようになるので、いずれは家族にばれてしまいます。そうならないためにも早めに債権整理すると、返済が楽になるのでお金で悩まず生活ができるようになります。

 

 

債権整理をするとクレジットカードが作れなくなったり新たにローンを組むのが難しくなりますが、借金に追われる生活に終止符を打つことができるようになります。無料で相談にのっている弁護士も多数おり、かかる費用も分割払いを受け付けているところも少なくありません。費用のことは気にせずまずは相談することが大切です。