借金の返済額は200万円、任意整理で解決した体験談

借金の返済額は200万円、任意整理で解決した体験談

借金まみれでどうしようもないと思っていた僕。そんなときに債務整理という方法が私の前に現れました。いろいろな会社からお金を借りてしまって、

 

「このままじゃ、借金なんて返しきれない、死んでしまおうか」

 

そうあきらめていたやさき、債務整理を専門とする弁護士のおかげで、債務整理することができました。借金に悩んでいる人は、私の体験談を参考にしてほしいものです。

 

 

200万円を超えた借金

 

私の借金は合計で230万円程度。はじめは軽い気持ちで消費者金融でキャッシングをしていましたが、次第に返済をしきれなくなって、いろいろな会社からお金を借りるようになってしまいました。その結果、約230万円まで膨らんでしまったわけです。

 

 

 

返済しても返済しても利子がついてくるので、完済の見込みが立ちません。私も派遣で給料も少ないです。景気も悪く、ボーナスもカットになっているので、返しても返しても減らない状況。

 

 

そんな時に私の友人から、

 

「法律の専門家に頼んだ方がいいんじゃないの、テレビのCMなんかで債務整理っていう話をやっているけど利用してみたら?」

 

とアドバイスを受けました。

 

 

忙しい毎日に忙殺されてしまって、弁護士という存在をすっかり見落としていました。私の最寄りの駅内にある。弁護士事務所に相談をしてみました。インターネットで調べてみたところ、債務整理を専門としていて評価も高いようでした。

 

 

弁護士は、面倒くさがることなく、私の債務状況を詳しく聞いてくれました。

 

 

「これなら幾らか借金は減らせますね」

 

 

と弁護士の方が説明してくれました。その弁護士は任意整理という方法で私の借金を減らしてくれました。貸金業者と直接交渉して、借金の金額を減らしていく作業です。

 

230万円から160万円まで借金が減りました

 

幸運なことに、私の債務は消滅時効が援用できるとのことでした。お金を借りてから10年が経過すると、消滅時効が援用できて債務を帳消しにできるのです。

 

 

すべてではありませんでしたが、任意整理の分も含めて借金額160万円程度に減ったのです。その他に大きかったのが利子を免除してもらったこと。これなら返済すれば返済しただけ借金が減ります。

 

 

それから残りは自分の力で返済することになりました。弁護士の先生がこれだけ頑張ってくれて励ましてくれています。何とか頑張って、約2年ですべての借金を返済することができました。

 

 

お金が返しきれないと思ったけど、弁護士の債務整理のおかげで何とか生き延びることができています。借金を返しきれないと思っている方は、債務整理という方法を考えてみてください。