借金を返済する方法として一本化はおすすめ?

借金を返済する方法として一本化はおすすめ?

多重債務の方が借金返済に困ったときは、最初に一本化をおすすめします。借金の返済は急に厳しくなることは普通ありません。当初は無理なく返せていますが、収支のバランスが厳しいと徐々に返すのが困難になっていきます。毎月シミュレーションをしておけば、急に返せなくなることはありません。

 

 

このままでは厳しいと感じたら、その時点で一本化を検討すればいいのです。複数ローンを一本にまとめれば、借入先を減らすことができます。おまとめのコツは、なるべく低金利のローンに乗り換えることです。

 

 

今よりも金利が高くなるようなら、おまとめするメリットは小さいです。たとえ借入先が減っても、総支払い額は増えてしまうからです。金利が現在と同じままならば、一本化するメリットはあるでしょう。

 

 

おまとめローンの利用でも返すのが厳しい状態になったら、現実的な対策として弁護士に相談して債権整理を検討するしかありません。債権整理のタイミングを遅らせてしまう最大の理由は、弁護士に相談することに抵抗があるからです。

 

 

そうして相談を先延ばしすることで、さらに借金の取り立ては厳しくなりますし、利息も雪だるま式に膨らんでいきます。気がついたら自力完済は不可能な状態となり、債権整理をやらざるを得なくなるわけです。

 

 

借金返済は債務整理で解決できる

どんなに高額な借金でも、債権整理で解決できない方法はありません。しかし、借金が膨らむほど多くの費用がかかるようになります。任意整理だと10万円未満で解決することも可能ですが、個人再生や自己破産となると40万円くらいかかります。弁護士費用の支払いも分割にする必要があるなど、デメリットも生じてきます。

 

 

弁護士への相談のタイミングは?

弁護士に相談をするタイミングは、借金の元金を減らせないときです。利息だけ支払っても、元金が減らなければ返済を続けても完済できません。キャッシングやクレジットカードは、1社あたりの利用額は少ないかもしれませんが、複数枚のカードを所有すれば数百万円もの利用額になることは珍しくありません。

 

 

キャッシングやクレジットカードは金利が高いので、数百万円の借金を背負えば返済は非常に大変です。元金充当額よりも利息の金額のほうが大きくなることもあるでしょう。そんなときは、自力での完済は諦めたほうがいいでしょう。利息をコツコツ支払っているだけではローンは終わりません。

 

 

完済できない以上は、一生涯にわたって返済が続くのです。キャッシングやクレジットカードの場合、完済まで10年を超えるようならば専門家に相談して解決するべきです。